このページの本文へ移動

当館は毎年1月には日本の伝統文化に触れるイベントを開催しています。

来年2023年1月は民謡ユニット『こでらんに~』をお招きして民謡ライブを開催いたします。

『こでらんに~』とは会津の方言で「最高!」や「たまらない」と言う意味です。

きっと名前のとおり最高のライブになるはずです。お楽しみに!!

申込開始は12月25日(日)9時から 電話またはカウンターにて直接申込ください。

民謡ユニット 『こでらんに~』

民謡唄い手、フレディ塚本と津軽三味線、秋山和久、篠笛、ミカド香奈子、お囃子&太鼓、ちゃんゆかのユニット。2018年に結成し、ライヴなど各方面で活動中。

『フレディ塚本』
愛媛県出身。20歳で上京し、その後22歳で民謡と出会い習い始める。
数々の大会で入賞。現在、民謡クルセイダーズのボーカルとして国内外で活動中。


『秋山和久』
福島県出身。18歳から民謡三味線をはじめ、その後上京し、津軽三味線を習い始める。
民謡ショー、ライヴ等をはじめ、フリーの津軽三味線の講師として活動中。現在、こでらんに~として、各方面で活動中。


『ミカド香奈子』
邦楽演奏家。民謡ミカド流家元代行。邦楽の舞台、お座敷、イベントやお祭りにも出演。洋楽器とのバンド(アラゲホンジ)やサポート演奏も多く幅広く活動中。篠笛、三味線の指導もしている。邦楽囃子笛方(篠笛・能管)として望月太喜若の名でも活動。


 『ちゃんゆか』
東京都出身。16歳からヒップホップグループで活動。 その後ポップス音楽ユニット『都会のラクダ』で活動しながら、YouTube も始める。2020年7月からこでらんにに加入。現在民謡、猛勉強中!!