このページの本文へ移動

 禅の有名な言葉に「喫茶去」というものがあります。字のまま読むと「お茶を飲んで去れ」という意味にとれます。

「喫茶」は茶を飲むことですが「去」は去るではなくて行くということのようです。

「お茶でも飲みに行きましょう」

 という感じです。小難しいことなど考えずに。普段どおりに。

 今回は茶道の点前や作法ではなく、人物や食事・考え方などの本をあつめました。お茶を飲むなんて、それこそ日常茶飯事なのです。こんな窮屈な時勢だからこそ。まあ、お茶でも飲みませんか?