このページの本文へ移動

ベルギー王立美術館公認解説員の森耕治先生による美術講座『フェルメールの寓意性、定説という名の誤謬』を本日開催致しました。

『真珠の耳飾りの少女』を始めフェルメールの作品を解説を伺い、
フェルメールの生きたオランダの歴史・背景を知る事で絵画の見かた、楽しみかたが多層的になりました。

森先生、参加いただいた皆さん、ありがとうございました。