このページの本文へ移動

 現在も新作を発表しつづけている、日本のアーティストを中心に紹介しています。

 イラストレーターから画家へ転身した横尾忠則さん、写実絵画の中心作家野田弘志さんの作品集やエッセイなど、作家の考えや、制作に対する姿勢などを知ると、北斎や若冲から流れる日本美術がいまにも繋がっていることがわかります。

 ぜひこの機会に、同時代の画家たちの本を手にとってみてください。