このページの本文へ移動

 今年は、ベートーヴェン生誕250周年です。

 十二月生まれのベートーヴェン。師走になると「第九」演奏会を日本中でやるのは、NHK交響楽団が正月の餅代を稼ぐのに、人気曲で集客をしたのがはじまりです。海外では年末=「第九」という習慣はありません。

 ですが、忙しい年の瀬に「第九」を聞くと、焦る心が少し穏やかになって、クリスマスの雰囲気も相まって、平和で慈しみ深い気持ちになるものです。

 まだコンサートはちょっと……という風潮なので、ぜひステイホームでCD鑑賞はいかがでしょうか。