このページの本文へ移動

9月21日は世界アルツハイマーデーです。

認知症は『老化によるもの忘れ』とは異なります。
何らかの原因によって脳の神経細胞が壊れるために起こる症状で
症状が進行すると、理解力や判断力が弱まり、日常生活に支障が出てくるようになります。

認知症は本人にもご家族にも切実な問題です。

しかし認知症への理解を深めることで、誤解や偏見無く対応することが出来ます。
また、認知症の症状や原因を学ぶことで、予防や初期段階の対応に生かすことが出来ます。

認知症への理解を深めてみませんか?

小茂根図書館の近隣にも新設された『大谷口おとしより相談センター』があります。

また、区内には19か所のおとしより相談センターがあります。
お住まいの地域によって担当のセンターがあります。以下をご確認ください。

お困りの事があれば、ぜひ相談してみて下さい。

http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/087/087883.html