このページの本文へ移動

2月16日、小茂根図書館でフォルクローレ演奏会を開催しました。

演奏してくださったのは「cuento de hadas」というグループです。

慶應義塾大学のラテンアメリカ音楽研究会のOB・OGを中心としたグループで、

これまでにも様々な施設でイベントを行なってきた方々です。

単に演奏するだけでなく、「フォルクローレ」という馴染みのない音楽のジャンルについて

分かりやすく説明をしていただいたり、ラテンアメリカについてのクイズを出題してくださったりと、

とても楽しい演奏会になりました。

珍しい音色と素晴らしい演奏を聴くことができ、とても感動しました。

演奏会終了後には実際に楽器に触れることができる楽器体験の時間もあり、

珍しい楽器を皆さん楽しそうに鳴らしていました。

非常に貴重な体験の機会を提供してくださった「cuento de hadas」の皆さんに、

心から感謝を申し上げます。

また、ご来場くださった方々、本当にありがとうございました。