このページの本文へ移動

来年の 126日()に、小茂根図書館の視聴覚室で美術史講座を開催します。

印象派の歴史 その先駆者からモネの死まで講師は、美術史家の 森 耕治氏です。

ソルボンヌ、ルーブル学院、パリ骨董学校等に学び、フランスを中心に欧州で30年以上を研究に打ち込んでこられました。

そして2009年、ベルギー王立美術館より、ヨーロッパの国立美術館では初となる日本人公認解説者に任命されます。

2010年には、ポール・デルボー美術館公認解説者も兼任されました。

2013年、ヨーロッパの国立美術館で初めて、公認解説書を一から日本語で執筆し、館内発売と同時にベストセラー記録をつくる等のご活躍をされています。

在日ベルギー大使館や大学での講演会も数多く行われており、美術史に関する著作も執筆されています。

今回は、小茂根図書館で美術史講座を聴ける大変良い機会になります。ぜひご参加ください!

申込受付は、17日(月)10時から開始です。

小茂根図書館カウンターまたは電話 3554-8801 にてお申し込みください。