このページの本文へ移動

小茂根図書館では現在、雑誌の棚の上で

本当にあった話を知る―ノンフィクション特集―

というテーマで展示を行なっています。

「事実は小説より奇なり」ともいいますが、信じられないくらい奇想天外な話や、感動的な話が載った本を展示しています。

「奇なり」とはいいながらも、こういった本にはノンフィクションならではのリアリティが感じられる点が多くあります。もしかしたら、小説などよりも共感できる作品に出会えるかもしれません。

「マンガみたいな話」、「小説みたいな話」。そんな話が気になる方、ご来館お待ちしています。